line5 | バレエ&コンディショニングPrima(プリマ)名古屋・東京

line5

 

前回は、「多くの人がダイエットを継続できない5つの原因(前編)」についてお話しました。

  1. 正しい目標を立てることができないから
  2. 完璧主義だから
  3. 自分の悪い習慣やクセを把握できていないから

でしたね。まだ読んでいない方は、前回の記事も合わせて目を通してみてくださいね!


 
前回の記事は、こちらから

 

今回は、「多くの人がダイエットを継続できない5つの原因(後編)」の2つと、「ダイエットへのモチベーションを維持し、理想の体型を叶えるためのポイント」をお伝えします。

4. トレーニングと食事制限に気をとられているから

多くの人は、「食事」と「トレーニング」をしている時間はダイエットを強く意識していますが、それ以外の時間をおろそかにしてしまっています。でも実際は、24時間のうち食事やトレーニングに割いている時間は、ほんの少し。

 

だからこそ、ダイエットを成功させるために、「食事」と「トレーニング」以外の時間はとても重要です。

 

美しいボディラインを維持している人は、誰もがこれを理解しています。だからこそ、トレーニングをしていない時間でも自然と痩せていくための「やせグセ」を身につけているんです。

 

美しいボディラインを維持している人に共通しているやせグセは、姿勢の良さ。

 

身体というのは、正しい姿勢にするだけで、余分な贅肉が削れ、足りないところにバランスのよい筋肉がつくものなんです。

 

日中は、「立つ」「座る」「歩く」このどれかの動作をしていることがほとんどですよね。姿勢がまっすぐキレイだということは、日常生活のほとんどで全身の筋肉がバランスよく鍛えられている状態だということ。無意識のうちに鍛えられているなんて、最高じゃないですか?

 

逆に姿勢が歪んでいると、太くしたくない部分に偏った筋肉がつくことがあります。たとえば、お腹周りのインナーマッスルは歩くときに必要な筋肉ですが、姿勢が悪いとインナーマッスルを正しく使わずに太ももの筋肉に頼るため、日常生活を送っているだけで太ももが太くなってしまいます。

「食事」と「トレーニング」をしていない時間は何よりも大切。美しい体型をキープしている人は「まっすぐな姿勢」というやせグセが身についているから、負担なくダイエットが継続できるんですね。

5. ストレスが大きい方法を選んでしまうから

「甘いものやカロリーの高いものを我慢する」「きついトレーニングを根性でやりきる」など、我慢のイメージが強いダイエット。自分のやりたいことを我慢して、やりたくないことをやり遂げるという「本能に逆らった行動」をとることが不可欠だと多くの人が信じています。

 

でも実は、ダイエットに我慢は禁物です。

 

なぜなら、人は我慢するたびに意志の力を使ってしまうから。

 

意志は溢れてくる泉のようなものでなく、器に入っているような限りあるものです。体力や筋力と同じように、睡眠をとったり十分な休息をとれば再び器いっぱいになりますが、基本的には、朝起きて寝るまでの間に少しずつ減っていきます。

 

意志の力があるうちは、「筋トレをしよう」「グリーンサラダを食べよう」と、自分の目標にあった適切な選択ができますが、意志の力を使い切った後は「トレーニングは明日にしよう」「アイスクリームぐらいいいだろう」と自分をコントロールすることができなくなってしまいます。

 

このようなことを防ぐためには、意志の力を節約しながら使わなければいけません。

 

けれど、ダイエットをしている間は葛藤が大きく、「好きだけど我慢する」「つらいけどやる」と意志の力を大幅に使ってしまいます。誘惑と戦うとき、意志の力はより消耗しやすくなるんです。

 

よく聞く例は、「ジム帰りのコンビニ通い」。

 

ダイエットすると決意した人は「ジム通い」を選択する人が多いですが、ジムに通うためにはトレーニング以外のハードルがありますよね。

 

まず、外出です。雪が降っている寒い日や夏の溶けそうに暑い日は、誰だって外出したくないはずです。こんなとき、「行きたくない、でも行かなきゃ」と葛藤します。トレーニングが始まる前に、すでに意志の力を使っているんです。

 

細かいことを言えば、ジムに行くために化粧をする、ジムに行くために着替える、などの小さい作業でも「面倒だな…」と葛藤し意志の力を使ってしまっています。

 

やっとの思いでジムにたどりつき、トレーニングを始めると、つらいマシンが待ち構えています。「このマシンはつらいけど、目標はあと15回…」エクササイズ教室に参加すれば「もうスタジオから出たいけど、あと20分は頑張らなきゃ…」

 

ジムのトレーニングを終えて変える頃には、「帰りにコンビニでご褒美スイーツを買っちゃおう」ということになります。これは、意志の力を大幅に使ってしまい、自分の目標に合った選択ができなくなっている状態です。

 

もちろん、ジムに通った方がうまくいく方もいますが、多くの人にとってはハードルが高く、意志の力を大幅に使ってしまう手段と言えます。

それよりは、綺麗な姿勢を習慣化させ、「無意識のうちに痩せる」という状態をつくった方が、結果的にはダイエット継続への近道ではないでしょうか。

「我慢」や「葛藤」とは無縁?!ダイエットの救世主とは

    1. 自分に合った目標を立てる
    2. 完璧でなく最善を目指す
    3. 食事やトレーニングの正確なフィードバックをする
    4. 日常生活で綺麗な姿勢を保つ
    5. 意志の力をできるだけ使わないように、自分にとってハードルの低い方法を選択する
  •  

    これまで、上記の5つがダイエットを継続するために大切だということをお伝えしてきました。

     

    実は、これら5つのポイントをしっかり満たした、モチベーションが続きやすいダイエットサービスが去年の秋ごろから流行し始めています。

     

    それは、オンラインでのダイエットサービスです。

     

    最近の社会情勢もあって、ダイエット業界では、2020年から実店舗のオンライン化が急速に進みました。

     

    • 身体のバランスをプロに見てもらい、オーダーメイドであなたに必要な目標設定ををする
    • 食の好みや生活リズムに合わせた食事内容改善アドバイスをする
    • 実際に動きながら、立ち方や動き方のクセをフィードバックし正しい姿勢に導く

    このような、これまで実店舗で行われていたサービスが、スマホをワンクリックするだけで受けらるようになっています。

    私は、「オンライン」と「ダイエット」は、本当に相性がいいと感じています。

    外出をする必要がないので、店舗でのレッスンよりもハードルが低く、意志の力を使いません。「ジム帰りにコンビニスイーツを買う」といったような誘惑も避けられ、健康的な習慣が保てます。

     

    自宅は、自分が最も環境をコントロールしやすい場所なので、自宅でサービスを受けられるのならそれに越したことはありません。誘惑に負ける人ほど、実は誘惑と戦わなければならない状態をつくっているんですよね。

     

    しかもオンラインのサービスは、とてもリーズナブルな価格で行われています。

     

    店舗でのサービスの半額程度、場合によってはそれ以下の価格で受けることができるんです。

     

    これまで、優秀なオンラインサービスは少なく、実店舗でのサービスに分配があがっていたのですが、今では様々なオンラインサービスがあり、どのサービスに登録しようか迷ってしまうほど。本当にいい時代になりましたね。



    でも逆に、最近ではダイエット系のオンラインサービスが溢れすぎていて、「どれを選べばいいかわからない…どういう基準で選べばいいの?」「私に合ったダイエット方法をおすすめしてほしい!」という方も増えてきました。

     

    そこで、次回は人気のサービスを比較しながら、「もしあなたがオンラインでダイエットをするならどんな基準で選べばいいのか」をご紹介したいと思います。

    プロの目線から見極めたおすすめのサービスを紹介するので、あなたにも参考になる内容になっていると思います。ぜひチェックしてみてくださいね。

    Copyright© バレエ&コンディショニングPrima(プリマ)名古屋・東京 , 2021 All Rights Reserved.