名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

バレエに必要な「足裏のアーチ」 美スタイルにも?

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナー®︎のSAKIです。
先日キッズのパーソナルトレーニングの時に、足裏のアーチトを作るためのトレーニングをしました。

バレエに必要な足裏のアーチ
バレエのポイントというつま先を伸ばす動作(足の甲を出す)を綺麗に行うためには、この「足裏のアーチ」が欠かせません。
よくバレエの経験がない方から「バレリーナのあのつま先は、どうなっているの?!」と聞かれることも多いです(曲がり具合が不思議なのかもしれません。笑)。バレエでは表現力の一つとしてつま先が大事で、足裏の筋肉を鍛えることでこのアーチを作り出しています。

バレエで大事なつま先ですが、どうやって伸ばすのか?までは教わらないことの方が多いのです。
子供は特に、自己流で練習している場合もあり、足裏の筋肉を鍛えずに指の関節を曲げることで代償していたり、足首のストレッチだけしている場合もあります。

足裏のアーチは大人にも必要?
足裏のアーチを作る=足の裏の筋肉を鍛えることは、大人の美しいスタイル作りにも効果があります。
足裏のアーチができると足にかかっていた負担が減り、身体のバランス(重心)も整うようになります。
それによって偏った筋肉を使わず、必要な筋肉を使えるようになり、結果的に綺麗なボディラインに繋がります。
その上腰への負担など身体全体への負担も減るというメリットもあります。

身体は本当に細かい部分まで繋がってバランスが保たれています。
なので足裏一つだけでも、重要なパートなのです。

足裏のアーチの作り(鍛え)方
まずは、5本の指がちゃんと動くか、開いたり閉じたりを繰り返して見てください。
長年使われず固まってしまっている方は、手で一本ずつ指の間を広げたりストレッチをしてから、エクササイズに取り組んでください。
その後、指を床から持ち上げたり、掴む動作をしたりと足裏の筋肉を強化していきます。

具体的にもっと知りたい方は、トレーニングでお聞きください。
バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら