名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

無駄な動きがない人の違いは、身体を動かす順番にある〜プロの体の使い方〜

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

私のメソッドで

丁寧にお伝えしていることの一つが、【コアから身体を動かすこと】。

自身のバレエの経験から得たことでもありますが、動く「過程」がとても大切です。

バレエやダンスで“バランスをとること”や“足を高く上げること”が動作の完成形としたら、

そこに至るまでの

「どのように身体を動かすか」「身体のどこから意識し始めるか」も大切なことです。

では、どこから意識するかというと、

足や手ではなく、お腹やお尻、肩甲骨といった身体の中心部

から意識します。

また意識するだけではなく、

体幹部の力がきちんと働く(筋肉が支えている)ことも大事。

身体の中心部(体幹)の持つパワーは大きく、

そのパワーを手足にうまく連動させることで、安定した動き・洗練された動きができます。

プロのバレリーナやダンサー、アスリート。

彼らは、

体幹で作り出したパワーをうまく連動させることができているので、洗練された美しい動きができます。

一方、「不安定に見えたり」「踊りにキレがない」人は、この”体幹部のパワー”をうまく使いこなせていないのです。

軽々動いているように見えますが、実はその体幹のパワーは計り知れないもの。

身体を動かす順番は、

スポーツやダンスをする人だけではなく一般の人も同じです。

体幹部から手足へと意識することで

効率良く身体を動かすことができ、関節に無駄な負担がかかるのを避けることができます。

体幹やコアというと、プランクのようなトレーニングを思い浮かべる方が多いと思いますが、

動作の中でコアのパワーを活用するためのトレーニングは、それだけではなく色々なトレーニング方法があります。

バレエやダンス、スポーツでプロのように安定した動きをしたい方、日常でも洗練された動きをしたいという方は、

動かす順番を意識することが大切です。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら