名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

体幹トレーニングとは違う、バレエの「軸」〜芯のあるしなやかな身体になるために必要なこと

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

ゴールデンウィークですね!
今年は10連休の方もいらっしゃると思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は普段とあまり変わらず、指導しています。

バレエを取り入れたトレーニングのメリットに、「身体に軸ができる」ことがあります。

Primaにトレーニングに来てくださる方も、

“身体に軸を作り、芯のあるしなやかな身体になる”

ことを一つの目標とされている方も多いです。

身体に軸ができるというと、「体幹トレーニング」を想像する方も多いと思いますが、

バレエでいうは、また少し違うんです。

それについては、また後ほど説明しますね!

では、

身体に軸ができるとどんな効果があるのでしょうか?

・自然にスタイルアップできる
・姿勢が良くなる
・さまざまな動作が楽になる
・体の負担が減る

スポーツのパフォーマンスアップ

上記のような効果があります。

先ほど

”バレエでいう軸は、体幹トレーニングとはまた少し違う”

とお伝えしました。

一般的な体幹トレーニングでできる軸は、

硬い軸。

ですが、バレエでできる軸は、

軸は軸でも”柔らかい”軸なのです。

「柔らかい」ことと「軸」とは一見、矛盾して感じるでしょうか。

簡単に言うと、

イメージはバネのように、「しなる」ようなイメージです。

 

固定してバランスを取るのではなく、

ダイナミックな動きの中でバランスを取る。

不安定な体勢でも、また元の軸に戻ってくる。

 

そういった軸ができます。

パーソナルトレーニングでも、

そのバレエの軸づくりを取り入れることで、

芯は強くても、しなやかさや、エレガントさを感じるような身体

を作ることができます。

芯のあるしなやかな身体になりたい方は、固めるだけじゃない、そういった軸づくりを意識することがポイントです。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら