名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

ヒップアップをトレーニングで実現するには?〈お尻のラインが気になる方へ〉

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

女性でも男性でも、ヒップアップに関心のある方はとても多いと思いと感じますが、

「形の良いおしり」は、スタイルアップのために欠かせないと思います。

前回の記事では

関節の力を緩め、コアの筋肉を使うことの大切さについて書きました。

そのことは、今回のヒップアップとも深く関わっています。

まずは、お尻の筋肉がどんな時に使われるのかについて。

お尻の筋肉は、「股関節を曲げて、伸ばす動作」で使われます。

その時に大切なのが、

「股関節が緩んでいること。」

股関節が固まってしまっていると、

ヒップの筋肉は使われにくくなります。

しかし、現代では

股関節を緩めることができず、お尻の筋肉が働いていない方

が非常に多くいらっしゃいます。

その原因は、

椅子に座りっぱなしの生活や、歩く機会が少ない

などの生活習慣により、股関節が固まってしまうことにあります。

それにより、

お尻よりも太ももの前の筋肉を強く使うようになってしまい、

本来使うはずのお尻の筋肉が使われなくなってしまうのです。

その状態が続けば、

お尻の筋肉は弱化し、ヒップはどんどん垂れ下がってしまうことに。

また、お尻が下がるだけではなく、

太ももの前側の筋肉が発達しまい、足が太くなる原因にもなります。

そんな悪循環を改善するために大切なのが、

トレーニングで

”股関節の力を抜くこと”

を覚え、

”ヒップが使われやすい状態”

を作っていくことです。

その状態でトレーニングをすることで、

効果的にお尻を鍛えることができて、綺麗なヒップラインを作ることができます。

また、

お尻の筋肉を強化することは

反り腰や猫背など、姿勢の改善にもつながります。

お尻の筋肉を鍛えることはヒップアップだけではなく

様々なメリットがあるのです。

「太ももの前側が疲れやすい」
「太ももの前側の筋肉が発達している」

と感じる方は、

お尻の筋肉が弱くなっていることの表れかもしれません。

股関節を緩め、お尻の筋肉をきちんと使える状態にして、綺麗なヒップを目指しましょう。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら