名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

ナチュラルな美ボディになるための動き方のコツ—赤ちゃんを参考に—

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

バレエを取り入れたPrimaのトレーニングメソッドでは、

動く時に関節を緩めることを大事にしています。

動作中、力を入れようとした時に

つい関節に力を入れて、固めようとしてしまう方は多いのではないでしょうか。

股関節や、膝の関節、足首の関節、肩の関節などに余分な力が入ってしまうと、

本当に使うべき、必要な筋肉には力が入らず、

関節には余分な負担がかかり続けるという悪循環になってしまいます。

関節を緩めて必要な力だけ使う理想的な身体の使い方をしているのは、

「赤ちゃん」です。

筋肉も発達していなくて、力も弱い赤ちゃん。

それでもハイハイしたり手足をバタバタさせたりと

必要最低限の力だけ使ってバランス良く身体を使うことができます。

負担の少ない、理想的な身体の使い方です。

赤ちゃんの時はこれだけバランスの良い身体の使い方をしているのですが、

成長するにつれて身体の使い方の癖や生活習慣により

余分な関節に力が入ってしまうような身体の使い方に変わってしまいます。

この身体の使い方を、理想的な動き方に近づけていくために、余分な関節の力を緩めるようにトレーニングしていきます。

そして関節の力を緩めることができると、コアの筋肉が使われるようになっていきます。

このように、入ってしまっている関節の力を抜いてコアの筋肉を使えるようにシフトしていきます。

関節の力が緩められて、コアの筋肉が使えるようになると以下のようなメリットがあります。

・関節への負担の少ない、効率良い動きができるようになる
・必要な筋肉が使われるようになり、ナチュラルに引き締まったスタイルになる

一般の方だけではなくて、ダンスやスポーツをされる方にとっても負担の少ない身体の使い方はとても大事です。

動いたあとに、気持ち良いなーと思えるような身体の使い方を目指して頑張りましょう!

SAKI

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら