名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

太モモの前側が疲れやすい方の原因&対策

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

東京・名古屋でパーソナルトレーナーとして活動するSAKIです。

「いつも太ももの前側が疲れてしまう」

という方はいませんか?

あるいは、

太ももの前側ばかりが発達している方や、
太ももの前側が硬くなっている方。

一般の方も、スポーツをされている方も、です。

実は、

太ももの前側ばかりが疲れたり、太くなってしまうのは、

正しい姿勢でないこと、身体の正しい使い方ができていないことの

“バロメーター”でもあるんです。

前側の筋肉は使われやすい筋肉

後側の筋肉は使われにくい筋肉であるため、

間違った姿勢や身体の使い方をしていると

太ももの後側の筋肉は使われず

前側の筋肉ばかりどんどん使われるようになるのです。

前側の筋肉ばかり発達してしまうことの弊害は、

美脚になりたい女性にとっては

美しい足のラインを妨げられてしまいます。

スポーツをされる方にとっては

素早い動き、しなやかな動作ができない原因にもなります。

競技によっては、前側より後側の筋肉が重要な競技もあるのですよ。

前側の筋肉を使いすぎている状態から

後側の筋肉を使えるようにしていくには、

正しい姿勢や身体の使い方を習得することが必要です。

今、

「太ももの前側が疲れやすい。」

「太ももの前が過剰に発達している。」

と感じる方は、

今日お伝えした
「前側の筋肉から後側の筋肉へシフトする」ことで、

美脚づくりやパフォーマンスアップを手に入れてくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら