名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

股関節を柔らかくするストレッチのポイント〜効果が出ないのは原因がある?〜

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

「股関節が柔らかくなりたくて自分でストレッチをしているけれど、なかなか柔らかくならない‥」

というお声をよく耳にします。

股関節を中心に、

身体を柔らかくしたいという思いで

いろいろと試行錯誤されてる方も多いようです。

 

実は、身体を柔らかくするためには、

ストレッチで気をつけるポイントがあるんです。

 

それは、体幹を意識して行うこと」です。

体幹を意識して、正しい姿勢で行うことが、ストレッチ効果を最大限に発揮するポイントです。

特に身体の中心である“股関節”は、姿勢次第で伸び方が大きく変わる場所です。

 

カラダは全身のバランスでできているので、

体幹が意識できていないと、正しい姿勢をつくることができない

=カラダが部分的に縮んでいる状態になります。

その状態でストレッチ効果を得ようと思っても、

十分な効果を得ることはできません。

 

柔軟性アップのためには

ただやみくもにストレッチするだけではなく、

体幹を意識して正しい姿勢で行うことが柔軟性アップへの近道

なのです。

 

また

ストレッチの時だけではなく、日常から正しい姿勢を身につけることで

“どんな動きをしても筋肉がバランス良くストレッチされる”

状態になるので、

根本的な姿勢を改善していくことも、柔軟性アップには欠かせないことです

 

まとめると

・体幹を意識してストレッチを行う
・根本から正しい姿勢に改善する

上記のことが、身体を柔らかくするストレッチのポイントです。

 

今までストレッチをしてきたのに柔軟性アップにつながらなかった方は、

今日お伝えしたことが原因の1つかもしれません。

Primaのパーソナルトレーニングの効果の1つに柔軟性アップがあります。

詳細を知りたい方は、こちらのページをご覧くださいね!

Primaのパーソナルトレーニングのメリット

 

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら