名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

美くびれのあるボディラインは、筋トレでは実現できない

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

GWも後半ですね。

肌の露出が多くなる季節を前に

カラダのラインを綺麗にしたいと思う方が増えると思います。

私は、

女性らしい美くびれはウエイトトレーニングでは実現できない

と思っています。

自身のバレエの経験からも、

なめらかなくびれを作るためには

“しなやかな動作で、バランスの良い筋肉の使い方をする”

ことが重要です。

 

ウエイトトレーニングでつく筋肉は、

太く、硬い筋肉です。

その筋肉で出来上がったボディラインは、

なめらかではなく、ゴツゴツしています。

 

一方、

しなかやかな動作でつく筋肉は、

細くて、弾力のある筋肉。

滑らかに引き締まった、女性らしいボディラインになります。

 

では、どうしてこの差はうまれるのでしょうか?

 

しなやかな動作では、

自分の身体でバランスをとりながら、一つの関節でも色々な方向へ複雑に動かします。

使われる筋肉に偏りがなく

特定の筋肉だけを集中して使う、ということがありません。

一定の筋肉だけを太くせず、

小さな筋肉や内側の筋肉までバランスよく鍛えることができるので、

細く長い筋肉がつき、ナチュラルな美くびれができるのです。

 

一方のウエイトトレーニングは、

身体の動かし方が限定的なので、

鍛えれる筋肉に偏りがあり、バランスよく小さな筋肉まで鍛えることができません。

 

これと逆説で、

身体に綺麗なくびれのある方は、身体の動かし方も上手だったりします。

これから美くびれを作りたい!と思っている方は、

是非しなやかな動きをとりいれてくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター