名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

股関節を柔らかくするにはストレッチが有効?バレリーナの股関節の秘密

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

よくクライアントさまから受ける質問。

「ストレッチを続ければ股関節は柔らかくなりますか?」

「開脚の本」が人気だったりと、世間的にも”股関節を柔らかくすること”関心が高い傾向にあります。

それには実際に、

・姿勢が良くなる
・腰痛が減る
・かっこよく歩けるようになる
・動きがしなやかになる

などのメリットがあるからだと思います。

では、股関節を柔らかくするにはストレッチだけすれば良いのでしょうか?

答えは、ストレッチだけではだめです。

最初に質問された方のように、股関節を柔らかくするためには「ひたすらストレッチをすれば良い」と思っている人も少なくないです。

もちろんストレッチも必要ですが、同じように股関節の筋肉を鍛えることが必要なのです。

私のトレーニング方法では、バレエの「ターンアウト」という股関節の動きを取り入れていますが、

この動きは股関節の筋肉を鍛えることで柔軟性を向上させる効果があります。

バレリーナは股関節がとても柔らかいですが、この特有な体の使い方をマスターしているからなんです。

ただし、股関節という関節は少し厄介でちょっとした角度や意識の違いで使われる筋肉が変わってきてしまいます。

そのため、ただ鍛えるだけではなくて正しい使い方を習得すること

もポイントです。

まとめると、股関節を柔らかくするためには

・股関節周りの筋肉を鍛える
・股関節を正しい使い方をする
・ストレッチ

が必要です。

股関節が柔らかくなりたい方は、ストレッチにプラスして上記のことを取り入れて下さいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら