名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

柔軟性を向上する2つのポイント

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

東京・名古屋でパーソナルトレーナーとして活動するSAKIです。

身体が硬い、でもどうやったら柔らかくなるかわからない‥

そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないしょうか?

 

今の社会では

長時間のデスクワークや車や電車が普及した事で

運動不足の方も多く、昔に比べて身体が硬い方が増えています。

Primaのトレーニングメソッドで

柔軟性を向上するために2つのポイントがあります。

⒈ 動きながら柔軟性を向上していく
⒉ 身体の軸を正しく保ちながら動く

 

⒈について。

全身の柔軟性をバランスよく向上するには、

座って行うストレッチだけでは十分ではありません。

動きの中でストレッチすることが大切です。

Primaのトレーニングではバレエの要素を取り入れていますが

バレエの動作は身体の可動域を最大限に使うため

動きながら全身がストレッチされるように考えられています。

 

⒉について。

身体の軸とは、骨盤、背骨など姿勢を正しい位置に保つことでもあります。

身体の軸を正しく保つことで、ストレッチをとても効果的に行うことができます。

身体の軸がずれてしまうと、

筋肉は最大限には伸びません。

身体をストレッチするのと同時に、正しい軸作りをしていくことも大切です。

上記2つをセットにしたアプローチすることで

より効果的に、柔軟性を向上していきます。

身体を柔らかくすると言うと

まず座って行うストレッチを思い浮かべる方も多いようですが

意外にもこのようなポイントが大切です。

 

身体が柔らかくなると、

・肩こりや腰痛などの負担が減る
・姿勢が良くなる
・スポーツの怪我の予防
・身体の代謝が良くなる

などのメリットがあります。

また、身体の硬い場所、柔らかい場所は一人一人違います。

逆に

ストレッチで過剰に伸ばさない方が良い部分、もあるのですよ。

 

Primaのパーソナルトレーニングは

お一人一人の身体を丁寧にチェックしそれぞれの骨格に合わせて行うので

より効果的に柔軟性を向上することができます。

身体を柔らかくしたい、正しい方法で柔軟性を向上したい方は

一度Primaのパーソナルトレーニングをお試しくださいね。

体験申込はこちらから

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です