名古屋でバレエエクササイズのパーソナルトレーニング、大人のバレエレッスンを提供するPrimaです。

バレエの片足立ちでバランスがとれない原因は?「姿勢」に注目

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは!

バレエ専門のパーソナルトレーナー、バーオソルクニアセフメソッドトレーナーの隅田 咲す。

バレエを習っている方に質問です。

皆さんは、パッセやアラベスクなど「片足立ち」でバランスを維持することができますか?

バランス力と大きく関係する「姿勢」

実は、バランス力には姿勢が大きく関係します。

まず、冒頭のような「片足立ち」でバランスをキープするためには足裏に正しく重心がかかっている必要があります。

その足裏の重心を左右するのが、姿勢です。

重心と姿勢の関係は深く、姿勢による重心の変化はバランス力に大きく関係します。

姿勢の崩れによって、バランスが取れなくなる

身体はつながっているので、肩の歪みは骨盤に影響し、骨盤の歪みは最終的に足裏の重心まで変えてしまうのです。

そのため、

片足でバランスがうまくとれない=姿勢の崩れが影響している

可能性が高くなります。

そこで、こんな疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか?

“バレエを習っているのに、姿勢が悪くなるはずない”

“バレエを習っていたら当然姿勢は良いはず。”

そんな風に思う方も多いですよね。

私も約30年バレエを習っていたのでバレエに関して詳しいすし、そう思っていました。

ですが、7年のパーソナルトレーナーとしての経験から分かるのは、バレエを習っているからこそ姿勢が悪くなるという場合もあるということです。

バレエを習っているのに姿勢が悪くなる原因

バレエは、股関節を大きく動かしたり・回転・バランスなど特殊な動きが多いです。

その特殊な動きをするために、使われる筋肉が偏ってしまうことがあります。

バレエだけではなくて、フィギュアスケートや新体操など審美系のスポーツにも共通しています。

筋肉のバランスが変わると、柔軟性にも偏りが出て、最終的に姿勢のバランスが崩れてしまいます。

そしてそれが、片足のバランスが取れなくなってしまうことに繋がるのです。

つまり、バランス力を改善するためには姿勢を改善することが大切なのです。

片足立ちのバランス力を改善するためには?

先ほど述べたように片足立ちのバランス力改善のためには姿勢を改善することが大切ですが、ではどうしたら姿勢が改善できるのでしょうか?

それには、ストレッチやエクササイズで使われすぎている筋肉のバランスを1つ1つ整え、身体の歪みを改善することが大切です。

一人ひとり身体は違うので、自分に必要なエクササイズやストレッチを行う必要があります。

姿勢が改善されると、足裏の重心が正しい位置にかかるようになります。

アテール(=床に踵をつけた状態)の場合はもちろんルルベ(踵をあげた場合)でも、グラグラしなくなります。

また、他の片足の動作が多いスポーツなどでも軸を保てるようになり、パフォーマンスアップにつながります。

以下のようなことが頻繁に起こる方は、一度姿勢を見直してみる必要があるかもしれません。

  • パッセやアラベスクなど片足立ちがグラグラしやすい
  • 回転で軸がぶれてしまう
  • シューズの外側や内側ばかりが減る

Primaのパーソナルトレーニングでは バレエのことを理解したプロのトレーナーが、一人一人の方の骨格・身体のバランスに合わせて身体の歪みを根本から改善します。

バレエやスポーツにおいてバランス力を向上できるよう、あなただけのオーダーメイドのプランでトレーニングを行います。

バレエ上達・フォーマンスアップを目指す方は、ぜひ一度Primaのバレエのためのパーソナルトレーニングをご体験くださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター