名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

体幹トレーニングは固めるだけ?必要なのは、しなやかに動ける体幹①

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

東京・名古屋でパーソナルトレーナーとして活動するSAKIです。

体幹の強化といっても、その目的は様々だと思いますが、

大きな目的に分けると

・スポーツのため
・日常のため

だと思います。

ただし、スポーツでも日常でも

体幹を鍛える際には共通して大切なことがあります。

それは

“動作の中でいかせる体幹をつくる”

ということです。

みなさまは、体幹トレーニングと聞いたら

どんなイメージでしょうか?

固める・硬くする=体幹

そういうイメージをお持ちの方も多いのかもしれません。

確かに、対戦相手と身体をぶつけるスポーツでは、

相手とぶつかった時に倒れない、頑丈で強い体幹を作ることが大事です。

ですが、

それ以外のサッカーや野球

フィギュアスケートや新体操といったスポーツ

日常の動作で必要とされるのは

硬いだけの体幹ではありません。

“しなやかに動ける体幹”です。

Primaのパーソナルトレーニングでは

しなやかに動ける体幹づくりを得意としています。

しなやかに動ける体幹とは、

身体を斜めに傾けたりひねったり、急激な方向転換をしたり

ダイナミックに動きながらも

どんな状況にも対応できるがある状態。

臨機応変に対応できる

変幻自在な軸

しなやかに動ける体幹のイメージです。

では、そういったしなやかに動ける体幹は

どんなトレーニング方法でつくるのでしょうか?

長くなりましたので、それについては次回書きたいと思います!

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら