名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

大迫勇也選手も取り入れている体幹トレーニング—ワンランク上の身体づくり—

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

東京・名古屋でパーソナルトレーナーとして活動するSAKIです。

先日テレビのニュースで

サッカー日本代表の大迫勇也選手のトレーニング映像が流れていました。

大迫選手は体幹トレーニングを取り入れているそうで

バランスボールやBOSSなどを使ってバランスを不安定にしながら行うトレーニングの映像が流れていました。

その時に

「身体の力を抜くことが難しい」

と言っていたのが印象的でした。(若干、言い方が違っていたらごめんなさい)

皆さまは、体幹を強化するためにはどんなことが必要だと思いますか?

とにかく身体に力を入れて、身体を硬くする

そういうイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、意外にも

“身体の力を抜く”ということが、体幹の強化でとても大事なことなのです。

動きの中で体幹をうまくいかすためには

必要な筋肉だけを使い

余分な力は抜ければ抜けるほど良い、のです。

一流の選手が目指すのは

体幹を強く保つことだけではなく

どれだけ身体の余分な力を抜けるか。

それができることで、

バネのような、とてもしなやかな動きができるんですよね。

サッカーのように

柔軟性、瞬発力、身体の軸など高い身体能力が求められる競技は特にだと思います。

大迫選手のおっしゃるように、身体の力を入れることよりも

身体の力を抜く、ということの方が難しいんですよね。

そしてこのことは

プロのアスリートだけではなく

一般の方が体幹トレーニングをする時も、意識して取り入れたいことです。

体幹を強化するだけではなく

その時に身体の力を抜けるような鍛え方をしてこそ

日常動作が楽になったり、姿勢が良くなったりといった

体幹トレーニングのメリットを100%得ることができます。

いかがでしたか?

大迫選手のような

しなやかな体の軸を作りたい方は

力を抜くことを意識してトレーニングしてくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら