MENU

綺麗な姿勢にはベースが必要

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーの隅田咲です。

今日生徒さんがとても良い質問をしてくださったのでシェアさせていただきます。

生徒さんからの質問は

「綺麗な姿勢のために肩を下げようとすると姿勢がくずれてしまうのですが、どこを改善したら良いのでしょうか?」

というものでした。

肩が上がっていないと女性らしく綺麗な姿勢に見えます。

この生徒さんは、肩を下げることを意識すると返って反り腰になってしまい、姿勢が綺麗に保てないとのことでした。

考え方として、肩を下げるにしても胸を張るにしても、ベースとなる姿勢が正しく保たれていないと姿勢全体のバランスが崩れてしまいます。

綺麗な姿勢作りのためには、まずこのベースとなる肋骨や骨盤、背骨の位置を正しく保つことが大切です。

木が”幹が根を張り頑丈な土台となっているから、たくさんの枝を支えることができている”のと同じです。

実際に生徒さんに姿勢を見せてもらったところ、無理に肩を下げて腰が反っている状態でした。

ですが、上記のことを踏まえてまずベースとなる姿勢自体を見直し、正しい位置に修正したところ、肩を下げても綺麗な姿勢を保つことができました。

簡単に崩れない綺麗な姿勢になりたい方は、まず”ベースの姿勢を正しく保つ”ことを意識して下さいね。

バレエ&コンディショニング プリマ
代表 隅田 咲

たった30秒でピラティス動画をプレゼント! お家時間でできる無料動画配布中


LINEでたった5問の質問に答えるだけで、あなたのお悩みに合うピラティスエクササイズを診断。
プリマのトレーナーが実践するエクササイズ動画をお届けします!
さらに今だけ【診断結果PDF】もプレゼント。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プリマ代表。
NSCA認定パーソナルトレーナー。
バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。
バレエ歴約30年以上。国内のコンクールで上位入賞多数。
世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。
自身のバレエ経験とパーソナルトレーナーとしての解剖学・科学的知識、ピラティス経験を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるパーソナルトレーニングを考案。
500名以上にパーソナルトレーニングを指導した後、2018年よりプリマ名古屋店を開設。