名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

夏に向けて「美しい二の腕」を作るには?女性らしい二の腕になるためのポイント

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

だんだんと暑くなり、肌を露出する機会も徐々に増えてきましたね。

肩を露出するワンピースや

タンクトップを綺麗に着こなすためには、

引き締まった二の腕が欠かせないと思います。

皆さまは、二の腕について、こんなお悩みはないでしょうか。

 

・細いのに、ぷよぷよして弛んでいる。

・筋肉がつきすぎてゴツゴツしていて、女性らしくない。

 

クライアントさまからも

夏に向けて”二の腕を引き締めたい”

とリクエストをいただくことが増えてきたのもあり^^

今日は、バレエメソッドのトレーニングで

「女性らしく美しい二の腕になるためのコツ」をお伝えしたいと思います。

男性のようにたくましい腕になりたければ別ですが

女性らしく美しい二の腕を目指すなら、

負荷をかけてやみくもに鍛えれば良いわけではなく

いくつか意識したいポイントがあります。

まず大切なのは、

太い筋肉ではなく細い筋肉を適度に鍛えること”

重い負荷で鍛えすぎてしまうと、

柔らかさのないゴツゴツとした男らしい印象の二の腕になってしまいます。

女性らしい美しい二の腕を目指すとしたら、

やはり

“柔らかさ”が適度にあることが欠かせません。

先程、細い筋肉を適度に鍛えることが大事とお伝えしました。

細い筋肉を鍛えるためのコツとして、

重い負荷で鍛えたり、瞬発的に筋肉を鍛えるのではなく

「自分の腕の重みを利用した持久的な鍛え方」が大きなポイントです。

バレエメソッドのトレーニングでは

重い負荷を使わなくても

しなやかに美しく、二の腕を引き締めることができます。

これは、

バレエの腕の動きが

肩甲骨や二の腕の裏側にある細い筋肉を

持久的に使い続けるからなのです。

これから夏に向けて二の腕をシェイプアップしたい方

女性らしく美しい二の腕を目指したい方は、

今日お話ししたポイントを意識してトレーニングに励んでくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら