名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

どれだけ意識できるかで、身体は変わる

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。
最近のセッションで改めて感じたことを書きます。

◆身体は動く時のほんのちょっとしたコツで、大きく変わる
綺麗なスタイルになりたい方にとっては、そのコツができていているかどうかでかなり大きな差があります。

そのコツとは‥「ただ動くだけではなく、筋肉を意識しながら動くこと」

3才から始めたバレエの経験の中で、体を動かす時に筋肉を意識することがいかに大切か学んできました。
一つの動きごとに、どの筋肉を使い、どう動かすか?
動き方も、粘るように動かすのか、軽やかに動かすのか、メリハリをつけて動かすのか?など常に身体に話しかけながら動いていました。
そうして、”意識して動くことで使いたい筋肉が働き身体が綺麗になっていく”ということを学んできました。
綺麗なスタイルになるためには、”どれだけ意識できるかにかかってくる”とも言えます。
だから今エクササイズをする時でも、どんな小さな動きも雑に動いたり、身体に集中せずに動くことはありません。
雑と無意識は絶対にNGです。

◆意識して動くことでどうして身体が綺麗に変わる?
綺麗なスタイルを作るためには、表面ではなく内側にある筋肉や、コアの筋肉をターゲットとして鍛える必要があります。
その内側やコアの筋肉は普段は使われづらい筋肉で、意識して使うこともありません。
そのため、どれだけ使えるかは自分の意識次第になり、意識するのとしないのでは効果に大きな差が出てくるのです。

◆意識して動かすためには?
初心者の方は、まず一回一回の動作を”ゆっくり動くこと”をお勧めします。ゆっくり動くことで、どこの筋肉を使っているか意識しやすくなります。
慣れてる方でも、一つ一つの動きを丁寧に行うことを大切にしてくださいね。

バレエ &コンディショニング プリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら