名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

バレリーナが優雅に見える理由

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーの隅田咲です。

今日は主婦の方のトレーニングが中心の1日でした。
その中でも80分コースの方は”体の軸”をテーマに行いました。身体をまっすぐに保つことは想像以上に難しくもありますが、身体を拝見しながらご自分で意識するポイントなどもお伝えしながら、正しい軸を作れるようレッスンしました^^

その軸とも関係があるテーマですが、
バレリーナは、立っている姿勢だけでも本当に優雅に見えますよね。
それはなぜでしょう?

私が思う一番の理由は、”身体から余分な力が抜けているから“です。
そのおかげで、立ち姿勢だけでも軽やかで美しく見えるし、さらに動作も力が抜けていて、とてもエレガントに見えます。(実際に近くで見ると、細くてもすごい筋肉です。)

トレーニングに来て下さる方でも、肩や首に余分な力が入ってしまう方は結構いて、、誰でも身体の力を抜くことは難しいのだなと思います。

では、身体の力を抜くために必要なことは何かというと、
「本来使うべき筋肉を使えていること」です。
お腹周りや骨盤まわりなどを中心にした、姿勢を支えるコアの筋肉をちゃんと使えることで、他の余分な筋肉を使わなくて済むようになります。
立っている姿勢や動作が優雅に見えない人は、肩にものすごく力が入っていたり、背中や腰に必要以上に力が入っていたり、力を入れる必要のないところに力が入ってしまっていて、
どこか余裕がなく見えたり、優雅とは真逆の硬い印象を受けたりするのです。

優雅に見えるバレリーナは、ただ動作が優雅なだけではなくて
“必要な筋肉を使い、余分な力を抜くことができている”から、
それが余裕があるように見えて、エレガントなオーラを醸し出しているのです。

優雅な印象に見せたい方や、何だか強張っているように見えるなぁと思ったり雰囲気がかたいと言われる方は、身体に余分な力が入っていないか見つめなおしてくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら