名古屋・東京でバレエエクササイズやバーオソルのパーソナルトレーニングを提供するPrimaです。

固めるのではなく伸ばす、バレエの姿勢の作り方

隅田 咲
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
パーソナルトレーナー/バーオソルクニアセフメソッドトレーナーのSAKIです。

プリマのパーソナルトレーニングで取り入れている、

“バレエの姿勢”について解説したいと思います。

バレエというと、まず美しい姿勢を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

バレエの姿勢は、

“固めるのではなく、伸ばす”

ことが特徴です。

バレエでは、

・上半身を大きく使う
・軽やかな動きをする
・身体全体でダイナミックに動く

ことを必要とするため、身体を固めてしまうと軽やかに大きく動くことができません。

そのため、普通の姿勢とは少し違いがあります。

その姿勢を一般の方でも取り入れていただけるように、意識するポイントをまとめます。

〈固めずに伸ばす、バレエの姿勢のポイント3つ〉

・お腹の筋肉、お尻の筋肉、腰の筋肉を固めない
・背骨一個一個の距離を離す
・付け根の前を伸ばす

上記のことに気をつけると、

ただ姿勢が良いだけではなく

軸の通った洗練された姿勢を作ることができます。

プリマでは、

剖学に基づいた指導で

経験のない方でもバレエの美しい姿勢を取り入れられるよう工夫しています。

綺麗な姿勢になりたい方、身体に軸を作りたい方は、今日お伝えしたポイントにぜひ気をつけてくださいね。

バレエ&コンディショニングプリマ
代表 隅田 咲

この記事を書いている人 - WRITER -
隅田 咲
Prima代表。 NSCA認定パーソナルトレーナー。 バーオソルクニアセフメソッド®︎資格認定講師。 バレエ歴約30年。国内のコンクールで上位入賞多数。 世界大会ファイナリスト。奨学金で海外のバレエ学校に留学。 自身のバレエ経験とトレーナーとしての解剖学・科学的知識を生かして、バレエ未経験でも安全で効果的に行えるバレエエクササイズを考案。 現在7年ほど300名以上に、バレエの要素を取り入れた独自のメソッドを指導しています。
詳しいプロフィールはこちら